HOME > PRODUCT 3つのおきあがり小法師

PRODUCT
第67 回( 2012 年)国際通貨基金( IMF )・世界銀行年次総会記念品
「3つのおきあがり小法師」発売

 

「3つのおきあがり小法師」は、2011 年3月11 日の東日本大震災で大きな被害を受けた福島、宮城、岩手の代表的な素材からできています。

和紙を用いた伝統の張り子の小法師は、福島県会津地方に約400 年前から伝わる正月の縁起ものです。何度倒しても起き上がることから忍耐と人生の象徴「七転八起」を意味します。これに加え宮城県の県木であるケヤキ( 宮城県産)を用い、こけしの産地である東北の伝統のロクロ技術を生かした木地に、こけし工人が顔を描いた木の小法師。約400 年の伝統技術を守り続ける岩手県南部鉄器職人が、ハイテク技術と共同して製作した鉄の小法師を新たにデザインしました。日本と世界経済の再生と安定の願いを込めて、2012年10月9日より14日まで東京都内で開催された第67回国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会公式記念品として、ホスト国である日本政府から、1万人を超える会議ゲストに贈られました。

東北から、日本、そして世界経済がふたたび起き上がって回復するようにというメッセージを託し、このたび発売させていただくこととなりました。

 

 

福島張り子

福島県会津地方で最も古くから伝わる民芸品です。
約400 年前に当時の藩主が作らせ、お正月に売り出したのが始まりとされています。何度倒しても起き上がる事から忍耐と人生の象徴、「七転八起」の縁起物としても有名です。けなげに元気良く起き上がる姿がとても愛らしいです。

宮城ケヤキ製

宮城県の県木「ケヤキ」( 宮城県産)を使用し、こけしの産地である東北地方伝統のろくろ技術を生かした木地にこけし工人が絵付けした木製。青森県の津軽系温湯こけし 小島俊幸工人がひとつひとつ丁寧に仕上げました。

小島俊幸|Toshiyuki KOJIMA
昭和24 年生まれ。昭和40 年より佐藤善二氏について木地、描彩の修行を続け、平成2年独立。平成9年全日本こけしコンクール入賞、平成10年運輸大臣賞等、平成14年県伝統工芸士認定。

岩手南部鉄器

水沢に集積する、南部鉄器の伝統の鋳造所とハイテクの原型設計工場が、製作を担当。コンピューターを駆使して、鉄器の内部に空洞を設け、重心を計算し、なんども失敗の試作をかさね、完成したものです。鋳造所との打ち合わせで、一度は、起き上がるのは、無理なのかとあきらめかけた時、原型を担当したハイテク工場の社長が、こんなの試してみたのだがと、工場の奥に置いてあった試作の中から、拾い上げた原型から、完成させた、まさに転んでもただでは起きない鉄が立ち上がるという奇跡的なプロダクツです。

 


 

国際通貨基金・世界銀行年次総会
国際通貨基金・世界銀行年次総会とは、国際通貨基金(IMF)と世界銀行、それぞれの最高意思決定機関である総務会が、毎年秋に合同で開催する会議です。総会は3年に1度、IMFと世銀の所在地であるワシントン以外で開催することが通例となっています。日本での開催は1964年以来2 度目、また2012年は日本がIMF・世銀に加盟して60年目の節目にあたります。総会では世界中の財務大臣・中央銀行総裁等が集うため、主要会議のほかに数多くの二国間会談や通例、G7、G20、G24、G10、コモンウェルス大臣会合等の会議、各種イベントが開催されます。また、大臣や政府幹部だけではなく、金融関係者、報道関係者、CSO(Civil Society Organizations)関係者等、民間セクターからも多くの人が集まることから、セミナーやシンポジウムが開催され、対話とネットワークの機会を提供しています。期間中は大小約200の会議・イベントが開催され、公式参加者で1万人、非公式の参加者を含めれば2万人とも言われる、世界最大規模の国際会議です。

【概 要】
発     売 :2012年10月17 日
名     称 :3つのおきあがり小法師
制     作 :合同会社tecoLLC
ディレクション:立木 祥一郎(tecoLLC)
デ ザ イ ン: 對馬  眞(tecoLLC)
コーディネート:山田 遊( method )
定     価 :4,800円(税抜)

福島張り子
産地・製造:福島県会津若松市
寸 法:H33mm×W23mm 程度

宮城ケヤキ製
産 地:宮城県白石地区他
製 造: 青森県黒石市
寸 法:H34mm×W25mm 程度

岩手南部鉄器
産地・製造:岩手県奥州市水沢区
寸 法:H26mm×W25mm 程度

パッケージ:和紙貼り箱(中に紙製仕切りと薄紙)
止め具:水引ゴム紐
箱 寸 法:H34mm×W98mm×D93mm 程度

※手作りのため、ひとつひとつの表情が写真とは異なります。あらかじめご了承ください。

 


「3つのおきあがり小法師」お取り扱い店

|北海道|

麻衣まい

北海道紋別市大山町1-18-17 TEL.0158-23-7401

|青森|

A-FACTORY

青森県青森市柳川1 丁目4 番2 号  TEL.017-752-1890

浅めし食堂

青森県青森市浅虫字蛍谷65-34 TEL.017-752-3322

teco gallery

青森県青森市古川1丁目14-3 BLACK BOX内 TEL080-3474-0995

green

青森県弘前市代官町22 TEL.0172-32-8199

津軽こけし館

青森県黒石市袋富山72-1 TEL.0172-54-8181

カネイリミュージアムショップ

青森県八戸市三日町11-1 八戸ポータルミュージアム1F  TEL.0178-20-9661

|岩手|

shop+space ひめくり

岩手県盛岡市紺屋町4-8 TEL.019-681-7475

|宮城|

KANEIRI Museum Shop 6

宮城県仙台市青葉区春日町2-1 メディアテーク1F TEL.022-714-3033

温泉山荘だいこんの花

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉北山21-7 TEL.0224-34-1155

|福島|

VANILLA Koriyama

福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F TEL.024-973-6091

|東京|

ゆくりな

東京都新宿区袋町3番地102  TEL.03-6280-8454

うつわ大福

東京都港区南青山3-8-5デルックス南青山1F  TEL.03-6326-7482

国立新美術館ミュージアムショップ「SOUVENIR FROM TOKYO」

東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1  TEL.03-6812-9933

西武渋谷店A館4階「be my Gift」

東京都渋谷区宇田川町21-1  TEL.03-3462-3695

文房具カフェ

東京都渋谷区神宮前4−8−1 内田ビルB1F
TEL.03-3470-6420

steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店

東京都千代田区丸の内1-9-1JR東日本東京駅構内1 階サウスコート内
TEL.03-3211-8938

steteco.com SOLA LABO 東京ソラマチ店

東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウンソラマチ4F TEL.03-5809-7071

西武池袋本店6F 「be my Gift」

東京都豊島区南池袋1-28-1  TEL.03-5949-3335

羽田空港第二ターミナル3F「Tokyo's Tokyo 羽田店」

東京都大田区羽田空港3-4-2 第2 旅客ターミナルビル3F マーケットプレイス
TEL.03-6428-8732

|神奈川|

ComoriB*ComoreB

神奈川県鎌倉市御成町5-41
TEL.0467-84-9786

|千葉|

成田空港 日本みやげ専門店 「桜」

千葉県成田市三里塚御料牧場1-1 成田空港 第1ターミナル 中央ビル4F
TEL.0476-32-8082

|愛知|

東急ハンズ名古屋店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ内
TEL.052-566-0109

|石川|

コニーズアイ

石川県金沢市武蔵町4-2 TEL.076-204-8431

|福井|

ふくいや

福井県大野市明倫町10-25 TEL.0779-66-2015

|福岡|

HOME COMINGイオンモール福津

福岡県福津市793番地 イオンモール福津1F TEL.0940-38-5201

|WEB|

teco web store

choose

JCRAFTS

フリスト

SoooooS.

 

制作
合同会社tecoLLC ( ごうどうがいしゃ てこえるえるしー)

2008年設立。小さな力で社会貢献という大きなミッションに挑む「テコの原理」に基づき、公共施設建設計画から、ミュージアム展示設計、空間デザイン、アート、玩具、映画、映像、本、廃校、WEB、大相撲、プロダクツ開発、アートフェスティバル、林檎のブランディングまで森羅万象をキュレイションするソーシャルベンチャー。廃校を活用した「王余魚沢倶楽部」で2011年グッドデザイン賞受賞。クラブ制りんごブランディング「安寿紅燈籠」で2012年グッドデザイン賞受賞。

ディレクション
立木 祥一郎|Shoichiro TACHIKI

1962年東京都出身。東北大学文学部卒業。
合同会社tecoLLC 代表社員。別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」ブランディングディレクター。川崎市市民ミュージアム映像部門学芸員を経て1994 年から青森県立美術館開設に携わる。弘前での奈良美智との3 回の展覧会をボランティアスタッフのべ1万7千人とともに計画実行。青森県弘前地域研究所主任研究員を経て2008 年、社会起業。文化観光施設の運営企画、展示設計、農作物やレストラン、ワイナリーのブランディングを行う。廃校を活用した「王余魚沢倶楽部」では2011 年、グッドデザイン賞を受賞。クラブ制りんごブランディング「安寿紅燈籠」で2012 年グッドデザイン賞受賞。NPO 法人 アートNPO LINK 副理事長。一般社団法人コミュニティシネマセンター理事。

デザイン
對馬 眞|Shin TSUSHIMA

1978 年青森県出身。2003 年岩手大学大学院修了。
展示企画会社勤務などを経て、2006 年4 月から2010 年3 月まで青森県立美術館でエデュケーターとしてワークショップの企画・運営を担当。プロダクトデザインやグラフィックデザイン、建築などのデザインワークショップを手掛ける。2010 年4 月よりtecoLLC で地域の素材を活用した製品デザインやブランディングなどを行っている。2010 年に宮古崎山貝塚縄文の森公園展示設計をアトリエノルドとともに設計チームの一員として担当。2010 年自社ブランドmonoteco として「無理のないちょっと楽しい暮らし」をテーマに木製の器、アクセサリーなどをデザイン。2010 年から2012 年まで十和田市雇用創造推進協議会が主催する十和田アートグッズデザインコーディネーター養成研修において、アートやデザインの力で十和田市の地域資源の活用を考える連続ワークショップを企画、実施。

IMF・世銀総会参加者への記念品等の選定協力、
及び企画・開発コーディネーション
山田 遊(バイヤー / クリエイティブ・ディレクター)|Yu YAMADA

東京都出身。2007 年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始め、多くのショップの立ち上げに携わる。現在、株式会社メソッド代表取締役。また、デザインイベント「DESIGNTIDETOKYO」のディレクターとしても活動。主な仕事として、国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトキョー」サポートディレクション、羽田空港第二ターミナル3F、東急プラザ表参道原宿5F「Tokyo’s Tokyo」グッズセレクト、丸の内ブリックスクエア内「PASS THE BATON」MD コーディネート、「APEC JAPAN2010」各エコノミー首脳への贈呈品の選定協力など。
http://wearemethod.com/

PRODUCT
teco web store