HOME > Infotmation一覧 >三陸復興支援「おきあがる三てつ計画」

Information:2014.4.11更新
三陸復興支援「おきあがる三てつ計画」

 

三鉄×てつっこ

東日本大震災から3年、いよいよ三陸鉄道が全線運行を再開しました。そのほか、被災地での巡回上映活動を続ける三陸沿岸唯一の映画館・みやこシネマリーンや、市民を巻き込んだ市民のための情報発信を続ける三陸経済新聞、鉄の町・釜石の「食」や「おすすめスポット」、「エピソード」などの“てっぱん” を集めた釜石てっぱんマッププロジェクト(仮)など、三陸は復興の道を歩んでいます。

今回、これら三陸沿岸のプロジェクトと岩手伝統工芸界出身国際派アイドルおきあがる南部鉄器「てつっこ」が連携し、復興をお手伝いするべく、三陸各地のイベントと連携をとり、ころころしゅたっと起き上がります。

おきあがる三てつ計画その一

三鉄 てつっこ 限定パッケージ

2014年4月6日の三陸鉄道北リアス線全線運行再開にあわせて使用開始される、新型のお座敷車両内でてつっこの展示を行います。あわせて、北リアス線内駅にててつっこ三陸鉄道限定パッケージの販売を行い、収益を復興へとつなげます。

■新型のお座敷車および全線運行再開については
 以下をご覧下さい。
>>三陸鉄道全線運転再開等について

おきあがる三てつ計画その二

岩手県沿岸部唯一の映画館・みやこシネマリーンや三陸鉄道ほか地元の有志の方々のご協力のもと撮影したてつっこムービーなどをシネマリーンで上映し、てつっこの販売を行います。収益によって映画館という地域の文化財産を守ります。

■てつっこムービー「たちあがる きみのとなりで」はYouTubeからでもご覧頂けます。
>>てつっこムービー『たちあがる きみのとなりで』

おきあがる三てつ計画その三

■三陸経済新聞の市民記者やNPOの会員、寄付提供者への記念品として、三陸経済新聞オリジナルカラーのてつっこを提供し、非営利活動である地域情報のネット配信のお手伝いをします。

■鉄の町・釜石の「食」や「おすすめスポット」、「エピソード」などの“てっぱん”を集めた釜石てっぱんマップとともに、てっぱんシンボルてつっこが釜石を盛り上げます。

その他の支援プログラム

東北を元気に!てつっこの被災地文化支援
「文化なしごと支援プログラム」

tecoLLC は、てつっこの販売数に応じて、一般財団法人青い森地域創造基金に寄付を行い、そのことを通じて、東北地方および被災地域を中心に文化なしごとを継続している、あるいは新規のプロジェクトを選定し支援を行います。

>>詳しくはこちらをご覧下さい。